SEO対策
SEO対策
SEO対策

SEOについて

 SEO、SEO対策については、国内外で様々な説があり、盛んに議論が行われていますが、確実なことはわかっていないようです。検索エンジンの仕様が公表されていないことと、仕様そのものが頻繁に変更されているらしいことから、検索エンジンを対象に様々な実験を行い、種々の実証データを得ることはできても、どうしても推測の域を出ることができないというのが現状のようです。ただ、そうして得られるデータは、あくまでも実態に即したものであり、細部についてまで断定はできないにしても、その上に現状に対する対策なり方策なり、実際に効果のある計画を立てることは可能かと思います。SEO、SEO対策とは、検索エンジンを対象にしたデータの収集と、それに基づいた予測と実行と検証と改善の繰り返しであり、弊社も今後、SEO、SEO対策を行うにあたっては、そのように様々な実験を行い、実証データを収集し、それに基づいた予想と計画を立て、それらを実行し、その結果をもとに改善を積み重ねていくしかないように思われます。
 今回、検索エンジンの挙動データを収集し、その特性を分析するにあたっては、現在、国内の主要な検索サービス各社がグーグルの検索エンジンを利用していることから、グーグルだけの確認とさせていただくことにしました。

SEO対策を行う上でのポイント

(1) titleタグにあるキーワードが最も優先されるようです。

(2) titleタグにあるキーワードのなかでは、より左側にあるキーワードが優先されるようです。

(3) titleタグの文字数についてはいろいろ言われていますが、根拠は曖昧なようです。100文字前後でも特に問題なくそのなかの語句が検索にヒットしますし、ペナルティも受けないようです。ただし、後方の語句は、先頭から遠ざかるにつれて、明らかに検索に対する優先順位が下がりますので、あまり多くのキーワードを詰め込んでも、期待したような効果はなかなか得られないと思います。

(4) グーグルの検索結果が頻繁に変動します。データベースの書き換えが月単位ではなく、日常的に行われているようです。

(5) グーグルの場合、<meta name="description">のなかの語句は、検索には関係ないと言われていますが、検索に使われたキーワードがマークアップされる上、明らかにそれらの語句が検索にヒットします。<meta name="description">も、SEO上意味があるということです。

(6)<meta name="description">の中の文字数についてもいろいろ言われていますが、200文字前後でも検索にヒットし、ペナルティも受けないようです。

(7) titleタグ以外のmetaタグ、h1〜h6タグ、aタグ、pタグ、altタグの検索における優先順位についてもいろいろ言われていますが、はっきりとわかりません。少なくともこのサイトにおける検証では、明らかな差異は見出されません。

(8) 同一キーワードの出現頻度は、該当するキーワードがすべてマークアップされるところから見ても、有意に評価されているようです。

(9) バックリンクは明らかに効果があるようです。自サイト内での他ページからのリンク、他サイトからのリンク、リンクファームへの登録など、複数のバックリンク、強力なバックリンクを持つサイトは、やはり検索に対して強いようです。キーワードの整理、ソースの簡潔化など、自サイトでの対策で効果が頭打ちになった場合には、バックリンクの援用も検討しなければならないということかと思います。

(10) グーグルの検索用のデータベースの更新頻度は、対象となるページの内容、サイト内の位置により、まちまちなようです。最近の例では、1日で登録された例と、2日で登録された例と、約1か月で登録された例がありました。一般的に、一度登録されたページが、内容変更後、再登録されるには、かなり時間がかかるようです。ただし他サイトで、同じような考えと同じような仕様でページを作成・変更・アップロードしても、同様の結果が得られないことが多々ありますので、検索エンジンが何を基準にしてデータの収集と登録を行っているのか、依然として判然としない部分があります。

(11) 内部リンクは有効なようです。

(12) 内部リンクに関しては、相対アドレスより絶対アドレスの方が効果があると言われますが、実際の差違はわかりません。

(13) リンクは異なるIPアドレスを持つサーバーからのリンクが望ましいと言われますが、IPアドレスが同じであっても(内部リンクということになります。)有効なようです。

(14) 数日間隔で、目まぐるしく順位が入れ替わっています。同じサイトのなかで、検索に対して優位なページが現れると、それまで検索の対象になっていたページが抹消され、表示されなくなることもあるようです。

(15) 数日間隔で、目まぐるしく順位が入れ替わっていますが、これは他サイトとの関係でも同様です。いきなり上位に表示されるようになったサイトが一ヵ月後には下位に転落するというようなことも日常茶飯事です。

(16) PHPが作成する動的なアドレスも、検索ロボットに拾われるようです。

(17) グーグルはペナルティということに関しては、明らかに寛大です。

(18) 一昨日の朝、アクセスログを見たら、グーグルのクローラーの訪問の記録がありました。最近、検索結果の順位が顕著に上がっていましたので、ペナルティを受けるかと思い不安でしたが、翌日、検索結果を見てみると、検索結果の順位が1つ下がっただけですんだことがわかりました。どうやらペナルティの発動ではなかったようですが、ペナルティでないとすると、最近トップページの更新を怠っていたので、多分、更新頻度、更新量がマイナスに評価されたのかもしれません。

(19) 更新の頻度は微妙に評価されているようです。更新を怠っていると、じわじわと順位が下がってきます。

(20) 最近の例ですが、インターネット上に公開され、他サイトからリンクを張った2日後に、グーグルの検索に表示されるようになった例があります。クローラーが被リンクに反応してくれたように思われます。

(21) 以前、同じホームページを同じキーワードで検索したとき、Google・YahooとBingの検索結果があまりに乖離していたことに唖然とした記憶がありますが、最近ほぼ同様の検索結果になることに気がつきました。Google・Yahooの検索で上位に表示されるサイトは、Bingでも上位に表示されます。タイトルの文字数の制限や、スニペットが検索の対象になるかどうかなど、Googleで有効になっている要素は、Bingでも有効になっているようです。

(22) グーグルのクローラーの訪問が、最近、頻繁にあります。多い月は、3度はあるかと思います。ペナルティを受ける前兆かとも思われ、ちょっと不安です。

(23) グーグルのクローラーの訪問の結果かどうか、最近、検索順位が若干落ちました。これは新しい競合サイトが現れたことと、このサイトがコンテンツの更新を怠っていることと、有料の電話帳や住所録からの有力な被リンクを持っていないことに関係していると思います。

(24) 落ち目になっても、グーグルのクローラーが訪問してくれます。その後、特に更新もせず、被リンクも増やさず、そのまま放置していたら、また検索順位が上がってきました。

(25) SEOの王道かどうかは知りませんが、検索順位を高める上で最も効果があるのは、やはり強力な被リンクかと思います。どんなに内部SEOで頑張っても、強力な被リンクのあるサイトには敵わないようで、限界を感じます。手っ取り早いのは、自サイトへリンクしてくれる有料・無料のサービスを利用するということかもしれません。

(26) 2011/09/28 キーワード「ホームページ更新 東久留米市」で、初めて検索上位1位になりました。そのために行ったことは特になく、これは多分、サイト全体の更新頻度が評価されたせいかもしれません。SEO
の王道は強力な外部リンク・被リンクであるという考えに変りはありませんが、稀にこういうこともあるということでしょうか。

(27)2012/08/26 グーグルの検索サイトのデータベースに登録される時、登録された以後、タイトル部分の語句・文言を、グーグル側に編集されることがあります。

(28)2012/08/26 SEOの王道は強力な外部リンク・被リンク(バックリンク)だと思いますが、それ以外の要素としては、サイトのページの更新の頻度も評価されるようです。バックリンクについては、リンクを有料で販売している会社もありますので、選択肢の一つにはなります。

(29)2012/09/29 titleの文字数に関しては、昔から様々な議論があるところですが、実際はある一定の文字数を超過すると、その部分は・・・で省略されることになるだけで、ペナルティの対象になったり、検索の対象外になるということではないようです。省略されていても、その中の語句は明らかに検索にヒットしますし、省略されるような長いtitleにしたからといって、露骨にわかるようなペナルティを受けることがあるわけでもないようです。経験的には、100文字前後であれば、特に問題はないようです。

(30)2012/09/29 前にも書きましたが、こちらで設定したtitleが、グーグル側で、人手によって編集されることもあるようです。たとえば、会社名の他に会社の特長や取扱商品等が入ったtitleが会社名だけになったり、こちらの意図しない余分な語句が付け足されたりするようなことがあります。

(31)2013/04/29 以前にも書きましたが、グーグルの検索結果、サイトに対する評価は頻繁に変動しています。ある時期、検索結果上位になっても、次の週には、大幅に順位が下がっているという現象が日常的に見られます。一時期、検索結果上位になっても、安心してはいられないとうことでしょうか。

※ 弊社がSEO、SEO対策を行うにあたっても、上記の検証を踏まえ、諸々の対策を実施していくことになります。
※ SEO、SEO対策に関しては、いろいろ説がありますので、今後も検証を続け、順次その結果をこのページで発表して行きたいと思います。

ページトップへ